TOP > リサイクルウッドとは

リサイクルウッドとは

天然の木材を微細な粉末にしたものを主成分とした人工木材です。
WPC(Wood Plastic Composit)とも呼ばれます。要は、木材とプラスチックの複合材です。
ポリプロピレンと合わせる事により、ささくれ・割れ・腐食が起こりにくく硬く傷つきにくい、天然木より耐久性が高くメンテナンスが楽なのが最大の特徴です。

省資源性

廃木材と廃プラスチックを原料として、新たなる木材として再生されています。
弊社取扱いの人工木材は「何度でも再生できること(資源循環型)」を前提に設計・開発された「可燃塑性木質複合素材」です。

代替性

木の質感やぬくもりなど、その素材感を生かしながらも、天然木や合板などに替わる機能性と広範囲な用途を併せ持っています。

リサイクル性

製品の製造過程はもとより、製品として利用されいるどの段階でも何回でも再生利用ができます。

耐用性

万一製品の一部が破損しても、その部分のリサイクルが可能など、製品のメンテナンスの無駄が無く、長期的に安定した使用が可能です。

  • 採用情報
  • 地球に優しい勝川木材
  • リサイクルウッドとは